このサイトは東北芸術工科大学が運営している「山形エコハウス」に関する情報を発信するブログです。
by yamagata-ecohouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
エコハウスのプロトタイプ
8月も終わるというのに、この暑さはいったいなんなのでしょうか…
異常気象ですね。これも温室効果ガスの影響なのでしょうか。




さて、今回は、エコハウスプロトタイプについて書こうと思います。
エコハウスのプロトタイプって何?と思う方がいらっしゃると思いますが
簡単にいえば、エコハウスの試作モデルです。
またそれは、一般普及化を目標としています。




というのも、
山形エコハウスは世界最高水準を目指してつくられたエコ住宅です。
Q値(熱損失係数0.7という驚異的な数値、太陽光発電やペレットボイラなどの
エネルギー設備や断熱材が組み込まれたドイツの木サッシ、
限りなくカーボンニュートラルハウス(二酸化炭素を排出しない住宅)に
近づけるために、様々な最高級品をとりいれています。
そのため、金額がかなり高額になってしまっていて、
一般普及に結びつきにくいのが現状です。
ご来場してくださった皆様からもたくさんご指摘がありました。




なぜ世界水準を目指したのか、実は、世界と比べ、日本はかなり出遅れているのです。
海外の国々がどのような動きをしているかというと………



□アメリカ            → 新築はCO2削減量を50%、2010年は60%と
 (architecture 2030)    段階的に削減量をあげていく。
                    2030年には排出0とする

□イギリス            → 新築住宅対象に2010年25%、2013年44%、
                     2016年には排出0という法律をつくった
                     ロンドンでは、ゼロカーボン開発地区をつくる

□欧州              → パッシブハウスの基準が普及している。
                     フランスでは、2020年までに新築住宅を、
                     エネルギーを消費するのではなく、生み出す住宅
                     (アクティブエネルギーハウス)にするという政策を発表

□中国              → ゼロエネルギー高層ビルの建設





海外では、国の政策として積極的にエコハウスに取り組んでいるのです。
逆にいえば、建築分野は、二酸化炭素の排出を抑えられる可能性がかなりあるということです。
洞爺湖サミットで全世界でCO2を50%削減するという目標が掲げられ、
先進国では80%削減しなくては、この目標を達成することができません。
さて、日本はどうでしょうか。。



話が少しかたくなってしまいましたが、
まずは一般普及できる金額でのエコハウスはどのようなものになるのか、
それができれば、山形エコハウスの見方も少し変るかもしれません。




a0158602_10553987.jpg



最後に、ほんのちょっぴり、少しだけ敷地をご紹介。
畑が隣接しているせいか、アスパラ?がなっていました。
少しずつ発信していけたらと思います。



kameoka
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2010-08-31 11:05 | □HOUSE-M
ちょっと模様替え
こんにちは。

夏の暑さもだいぶ和らいできましたね。

盆前はあんなに暑かったのに………

エコハウスにずっと居ると、気温の変化に敏感になります。

毎日温度計を眺めていると、そんな感覚も身に着くのでしょうか。



さて、お盆も終わり、エコハウスは少し模様替えをしました。

2階に環境ネット山形さんが引っ越してこられて、現在はオフィスっぽくなっています。

1階もそれに伴って少し配置を変えました。


a0158602_14395246.jpg





夏もそろそろ終わります。

エコハウスは初めての秋を迎えます。

テラスで月見できたらいいな。

きっと、この前の花火もばっちり見えたはず。

テラスの使い方も考えないと……?





kameoka
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2010-08-19 14:45 | □日々の山形エコハウス
オープンキャンパスDAY パート2

2010/8/6


先日7/31と8/1にかけて今年度本学2回目のオープンキャンパスが行われました。
すみません、ちょっと遅れてのレポートになります。


建築・環境デザイン学科では
a0158602_0513351.jpg

生徒ががんばって制作した作品を説明したり
a0158602_0534248.jpg

a0158602_0563480.jpg

作品を一緒につくってみたりと
a0158602_0582132.jpg

建築のたのしさや
課題の大変さ、そこから学んで知る充実感
などをお伝えできたらなと思っています。

わたしたちも自分の作品を
他のひとに説明することは大事な勉強です。
というか絶好のチャンス。

わかりやすく魅力的に伝えるにはどうしたらよいか。

オープンキャンパスを通して私たちも得るものは大きいのです。





さて、



この度2度目の山形エコハウスツアーを開催しました!




今回は、前回よりも来場者数が多く高校生や受験生の熱気に包まれた見学会になりました。


来場者を確認したところ
2日間合計で、約90名の方々に来て頂きました。
職員の方や先生方はフル稼働全開。

OGの、のべさんも見られました。
いつもブログ拝見していただきありがとうございます。

足を運んでただいたみなさん、
どうもありがとうございました。



そんな場内の様子を芸工大本館のスクリーンにU-streamで生中継していました。


亀岡さんの手書きツイッターで、屋内の様子などを随時広告し情報を公開。
リアルタイムで発信される動画効果も反響があったようです。




また、エコハウスに散りばめられているサインやピクトグラフにも注目!

a0158602_1203118.jpg


院生M2の松山さんが夜な夜な手作業でつくっていました。
こちら、トイレのピクトグラフ。
かなり器用でございます。

a0158602_124579.jpg


デザインの指導を求めて
本学の廣瀬先生や、わざわざ東京のデザイン事務所に直接足を運び
アドバイスを受けていたようでした。

やっぱりものづくりは手間をかけるのみですね。
予算が限られている中での薫陶だったようです。




意外と学生さんでも環境問題やエコに関して興味を示す人が多いんだとかんじられました。

a0158602_1255138.jpg

a0158602_1262391.jpg


また、一般の方もペレットストーブに関心を持って聞きにくる方も何人か居られました。
ペレットストーブの扱いやすさがお母さん方に人気のようでした。

ただ、ペレットでも薪でも住宅の断熱性能が高くないと効果を発揮しません。
あと壁の仕切りが少ない間取り設計が重要です。理想は空気が繋がっているワンルーム。

相談がありましたら、下記のURLから質問を受け付けております。
http://www.tuad.ac.jp/ecohouse/contactus.html
どうぞ、お気軽に。




よしこ
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2010-08-07 01:29 | □日々の山形エコハウス
この暑い時期
今回はエコハウスの室内の温度差と冷房に関する情報をお伝えします。
 
 
猛暑が続いていますね。
 
今日は最高気温35℃だそうです。
 
さすがにエコハウスもこの時期は冷房がないとちょっと厳しい状況です。
 
山形エコハウスには、居住部分とギャラリーにそれぞれ1つずつ、
 
合計で2つのエアコンが付いています。
 
 
 
a0158602_9203656.jpg

 
これが、居住部分のエアコンです。
 
山形エコハウスの延べ床面積は208㎡(63坪)ですが、
 
ギャラリーを除いた170㎡、51坪、畳だと約100枚分のスペースを
 
2階付いている1台でまかなっていることになります。
 
畳100と聞くと、ちょっと驚きですよね。

気密と断熱の効果、また、間仕切り壁がないことによって
 
エアコン1台でも十分快適に過ごすことができます。
 
また、冷房をつけて、だいたい27℃くらいの室温にしていますが、
 
実感として、温度のわりに涼しく感じます。
 
これも、断熱により壁などの副遮熱が発生しないからです。


 
温度差ですが、帰る時のエコハウスの室温が27℃。
 
朝きてみると、だいたい29℃弱くらいになっています。
 
冷房をとめて、一晩で2℃しか変化しないということも驚きですよね。
 


このように、高気密・高断熱によって、省エネルギー化することで、
 
地球にもお財布にもやさしい、快適な生活ができるのです。
 
もちろん、この山形エコハウスの設備や仕様と同じにすることは難しいと思います。
 
そこは、やはりバランスです。
 
どの設備をつけるのか、断熱材の厚さはどのくらいにするのか、窓は木製にするのか、

建物の規模はどうするのか、間仕切り壁はつけるのか………
 
それは、建てられる方のライフスタイルに合わせてつくることができます。



この時期のエコハウスの体験も貴重です。

みなさんぜひお越しください。

お待ちしております。



kameoka
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2010-08-05 10:02 | □日々の山形エコハウス


最新の記事
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
記事ランキング
その他のジャンル