このサイトは東北芸術工科大学が運営している「山形エコハウス」に関する情報を発信するブログです。
by yamagata-ecohouse
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
[山形エコハウス]9月18日から19日の温度測定データ
月曜日から寒くなって、布団を出した方も多いのではないでしょうか。

寒かった2日間の山形エコハウスの温度測定データをご報告します。




まず19日(月)のグラフです。青が1階室温、赤が2階室温、緑が外気温です。

a0158602_10502817.jpg


外気温は深夜0時から下がる一方で、約10℃温度がさがりました。

室温は約30℃から最低が約27.5℃、2℃から3℃の変化です。

この日は閉館日、窓を開けていないことと、外気温がさがる一方なので、

建物の性能が非常にわかりやすいです。




20日(火)のグラフです。

a0158602_11107.jpg


火曜日、外気温は1日を通してほぼ一定の温度です。

1階の温度が8時頃いきなり下がっています。

これは窓を開けたことによる温度変化です。

窓を開ければ外の冷たい空気が入ってくるので、下がるのは当然ですよね。

外気を直接取り込むことは、内部の温度に相当影響するということです。




お昼頃からは室温は26℃から27℃を維持しています。

外気温+10℃という関係になっています。

そう考えると、外気温が10℃以下になってくると、

山形エコハウスでは暖房が必要になってくると思われます。

これは1日曇りか雨の状態ですので、晴れていればまた話は違います。



冬場、山形エコハウスでは日射を取り込むだけで室温が4℃もアップします。

日射を考慮すると、外気温が5℃~10℃の時に、

山形エコハウスの暖房が動き出す、こんな予想ができます。

(昨年の温度のデータを見ると、だいたい11月半ばから2月くらい)



私のアパートはもう暖房が必要な感じです。

北窓全開の、仕事場とは全く異なる熱環境に暮らしております…。



建物の断熱性能を上げるには、まずは窓の強化です。

次に大事なのは、実は「換気設備(熱交換換気)」なんです。

壁や屋根の断熱よりも、まずこの2つが非常に大切なことです。

もちろん気密も大切です。

断熱しているのになんか寒いという方はいらっしゃいませんか?

家に熱交換換気が入っているか確かめてみましょう。



山形エコハウスはスティーベル社製(ドイツ)の熱交換換気をいれています。

a0158602_11241940.jpg


これは置き型ですが、日本製は天井の中に隠れるような、小ぶりのものです。

エコハウスを建てられる方は、ぜひ熱交換換気を。

エネルギーロスが全然違います。




あー寒くなってきたから急にモツ煮が食べたくなってきたー。

今日鍋をされる方は、ぜひモツ煮を。






kameoka
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2011-09-21 11:30 | □温度測定
夏の夜、窓を開けておくことの効果@エコハウス
暑さもだいぶ和らいできましたが、

夏場、夜窓を開けておくことはとても効果的です。

画像が小さくて申し訳ないですが、

8月29日の夜から朝にかけて窓を開けてみた温度の変化をご覧ください。



a0158602_16171226.jpg




28日(日)から29日(月)は閉館日のため窓締切でした。

窓を閉めたままだと朝6時の最低室温が29℃です。

熱が逃げにくいエコハウス、これは性能がいい証拠でしょうか。

29日(月)から30日(火)は窓を開けておきました。

すると、同じ朝6時の温度が24.4℃!4.6℃も下がりました。

安全に窓を開けておくため、ドレーキップというものがあります。

2パターンの開き方があり、内倒しにしておけば、外から窓は開けられず

涼しい空気を取り込むことができます。

a0158602_16253288.jpg



無冷房住宅も夢ではありません。建物の性能と上手な住まい方で十分実現できます。






kameoka
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2011-09-07 16:29 | □温度測定


最新の記事
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
記事ランキング
その他のジャンル