このサイトは東北芸術工科大学が運営している「山形エコハウス」に関する情報を発信するブログです。
by yamagata-ecohouse
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<   2013年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
解体工事が進行中です。
天童に建設予定のエコアパートの敷地の様子を見に行ってきました。

現在、既存建物の解体工事が進んでいます。
a0158602_15334851.jpg

私達が現地についた時、ちょうどクレーンを使って建物を解体しているところでした。
a0158602_1534127.jpg

クレーンのアームを巧みに操り、屋根や壁を丁寧に解体していきます。


私は解体工事の現場をじっくり見るのは初めてだったので、

その迫力に圧倒されてしまいました。
a0158602_15343340.jpg

解体した建物の部材は、トラックの荷台のコンテナに積まれて運ばれていきます。


解体工事は今月いっぱいで完了する予定だそうです。

既存建物が無くなった敷地はどう見えるのでしょう。
工事完了が楽しみです。


kudo
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2013-04-18 15:41 | □天童エコアパート
どのくらいの年数で初期投資をペイできるのか?
エコハウスを建てる際、どのくらいの追加費用で、

どのくらいのレベルの断熱になるのか気になるところです。

見学された方からは、初期投資をどのくらいの年数でペイできるのか

という質問をもらうことがあります。

冷暖房の節約によりどのくらいの年数で初期投資を回収できるか、

2年前に建てたHOUSE-Mを例に計算をしてみました。

(設備は同じものを使用するという条件です)

約42坪の大きさです、同じくらいの家に住んでいる方は

似たような感じがあるかもしれません。



a0158602_19563513.jpg




上の表は、HOUSE-Mの仕様と、次世代に当てこんだときの

冷暖房消費等の数値を示しています。

数値は建もの燃費ナビで計算をしています。



HOUSE-MはQ値0.87W/㎡k、次世代基準と比べると約2.75倍となります。

次世代基準の総工費(建物の躯体のみの総工費)に

+1割(約250万)の追加費用で、

Q1越えの断熱レベルにすることができています。




暖房負荷は次世代と比べ約1/3になります。

灯油に換算すると14万かかる暖房費が

4万2千円程度に抑えられます。

冷房は契約内容や使用する時間帯にもよりますが、

1/2のエネルギーで、1万円弱程で済みます。

(エアコンCOPは4で計算しています)

冷暖房費を合計すると、年間10万7千円節約できます。

初期投資が250万なので、約23年でペイできる計算になります。




これは、同じ家の大きさや形、同じ設備で計算しているので、

意識的にパッシブな設計がされていない次世代基準の家と比較すると、

日射取得等で、もう少しこの差が表れてくると思います。



23年で初期投資が回収できるとすると、

長いのか短いのか最初微妙な感じがしますが、

家の寿命を考えた時に、50年住み続けるとして、

単純に計算すると残り27年で290万も冷暖房費をプラスで払うことになります。

多少メンテの費用がかかることがあるかもしれませんが、

それでも大きなメリットがあるように思います。

今後燃料代が上がっていくことを考えるとぞっとしますし、

また、快適に健康に過ごせるか過ごせないかという違いは、

お金には代えがたいものがあります。



Q1越えほどの断熱性能の住宅はまだまだ一般的ではありませんが、

次世代省エネルギー基準-1.0〜Q値1くらいの間に、

エコと快適性を両立し、かつ投資しやすい価格の

普及版山形モデルの落としどころがあるような気がします。




最近、普段の生活で使うものこそ、

良いものしたいという感覚が強くなってきました。

なんとなくその場の雰囲気で買ってしまったものは、

すぐ使わなくなってしまうことがよくあります。

良いものは値段が高いことが多いですが、

長持ちするもの、また長持ちさせたいという気持ちになるものが、

価値があるものだと思います。

日用品と家とでは額が違いすぎるので同じ扱いにできるかどうかはわかりませんが、

今あるものを長く使う、大切に使うということが大事ですね。




kameoka
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2013-04-11 00:00 | □エコハウスを学ぶ
ecohouse-F、根切り作業
ecohouse-Fは根切りの作業に入りました。

ショベルで土をかき出します。

庭の高さが道路よりも900程度高くなっており、

今回はその高低差を利用した断面構成となっています。

少し土にうもった半地下のような書斎からダイニングに

あがった時の解放感を早く体験したいです。

南の大きな窓が室内に光や風を取り込み、

こどもたちが庭へとびだしたくなるような効果をもたらしてくれると思います。

街路樹の桜も借景として活きてくることでしょう。

もうすぐ山形もお花見です。


a0158602_19261421.jpg


a0158602_19262537.jpg


a0158602_19263874.jpg


a0158602_19265097.jpg






kameoka
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2013-04-10 00:00 | □ecohouse-F
「スマートハウスとパッシブハウス」に掲載されました
「スマートハウスとパッシブハウス」という本が発売されました。

山形エコハウスはパッシブハウスのページにて紹介されています。


a0158602_1141372.jpg


a0158602_11411414.jpg




非常に分かりやすい言葉で書かれているので、

一般の方でも充分理解できる内容です。

この一冊で、スマートハウスとパッシブハウスの違いを理解してもらい、

新しく住宅を建てるときの判断材料して使うのもよいかもしれません。

新築をご検討の方はぜひご一読ください!



kameoka
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2013-04-09 08:00 | □お知らせ
庭の手入れを行いました。
先週、山形エコハウスの庭の手入れを行いました。
a0158602_11121818.jpg

手を加えたのは、敷地の境界に立っている垣根の部分です。

この垣根は、木の枝をちょうどいい長さに切りそろえ、

人の手によって組まれています。

昨年度の雪で一部壊れてしまっていたので、今回補修することになりました。

a0158602_11201363.jpg

一度、垣根を解体してから
a0158602_1121223.jpg

また人の手によって組み直されます。

現在は、このように手間のかかる垣根を作っている家はなかなか見られなくなってきましたが、

手間ひまをかけて作られた庭にはいっそう愛着が持てますね。

a0158602_11253914.jpg

ふと庭の端を見ると、ふきのとうが顔を覗かせていました。

山形にも、もうすぐ本格的な春がやってきます。

kudo
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2013-04-08 11:30 | □日々の山形エコハウス
ecohouse-Fの模型
ecohouse-Fがどんな建物なのか少し模型でご紹介します。


a0158602_11222992.jpg



前回のレポートの通り、とても恵まれた条件。

南面道路に加えて川が流れているので、今後日射が遮られる心配はまず無く、

真南という方位もベストな条件です。


a0158602_11255559.jpg



エコハウスはできるだけ冷暖房エネルギーをかけないように、

高断熱高気密にすることが必須です。

そして、冬場の太陽の日射を取り込むことが非常に大きなポイントです。

(夏は庇等で遮ることが前提です)



窓は家の中で最も熱の出入りがある部分。

山形エコハウスでは木製断熱サッシ+トリプルガラスという窓ですが、

建物の断熱レベルに合わせることが大事です。

ペアガラス、トリプルガラスと言っても、Low-eという金属膜の有無や、

空気層の厚さによって性能がかなり違ってきます。(日射取得率も)

また、同じ部材を使用していても、窓の大きさが変わると、

サッシとガラスの割合が変わってくるので性能が変わってきます。

(サッシよりもガラスのほうが性能が良いので、貫流率だけを比較すると

小さい窓のほうが性能が落ちます)



窓を選ぶ際は熱貫流率(ねつかんりゅうりつ)を確認して、

性能対コストのあたりをつけておくと、より計画がスムーズになると思います。




kameoka
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2013-04-04 13:52 | □ecohouse-F
駐車スペースの確認を行いました。
本日は敷地にて、お施主様と駐車スペースの確認を行いました。

a0158602_1285079.jpg


敷地が道路と接している面にメジャーを置き、

何メートルの幅の駐車スペースにするかをご相談させていただきました。

それと同時に、駐車スペースにかかる屋根のことなども検討しました。

a0158602_11581379.jpg


敷地で実際にいろいろと検討してみることで、

より一層実物のイメージがつかめます。

いよいよ工事も始まろうとしています。期待で胸が躍る思いです。



申し遅れましたが、

今年度から新スタッフとなりました、工藤と申します。

3月まで東北芸術工科大学大学院で建築を学んでいましたが、

この度4月からエコハウスで働かせていただくことになりました。

大学院まで学んできた建築の知識などを活かし、

エコハウスの普及に努めていく所存です。


とは言え、まだわからないことがたくさんありますので、

しばらくは見習いとして奮闘していきます。

このブログも、時々は私が更新することもあると思います。

それではみなさま、これからよろしくお願いします。


kudo
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2013-04-03 12:10 | □ecohouse-F
ハニカムサーモスクリーンをつけました。
山形は昨日思わぬ雪模様でしたが、

本日は春らしい天気になりました。

今年度もよろしくお願いします。



さて、先日竣工したecohouse-Hにハニカムサーモスクリーンがつきました。

a0158602_1458527.jpg


ハニカムサーモスクリーンとは、降ろすとハニカム上の筒ができる

断熱性能のあるロールスクリーンです。

これがあると窓の性能が結構あがるので、有効な手段です。




さて、4月に入り、今日から新しくスタッフ(工藤さん)が加わりました。

今日はエコハウスの中の機器の取り扱いやSNSの更新等、

早速引き継ぎしながら業務にあたっています。

a0158602_1574588.jpg


これから半年間は、二人体制でエコハウスを運営していきます。

よろしくお願いいたします。




kameoka
[PR]
by yamagata-ecohouse | 2013-04-01 15:13 | □ecohouse-H


最新の記事
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
記事ランキング
その他のジャンル